任意売却

多くのメリットがある「任意売却」

任意売却の説明する人

住宅ローンを数ヶ月滞納してしまい、保証会社や保証協会が代位弁済した後は債権回収のために競売になるというお話しはすでにしました。

 

しかし、すぐに競売というわけではなく、場合によっては
任意売却」という方法で競売を逃れることもできます。

 

任意売却とは裁判所による強制売却ではなく、
自宅所有者が自ら自宅を売却することです。

 

さて、住宅ローンを組んだ時にはその自宅不動産には抵当権や根抵当権などの担保権が設定されており、住宅ローンの支払いができなくなると裁判所の競売にかけて不動産を換金することができます。

 

債権者は住宅ローンが全額返済されなければこの担保権を手放すことはありません。
たとえ不動産が売却されて所有者が変わっても債権者が抹消に応じなければなくなりません。

 

そんな担保権がついた不動産を買いたいと思う人はいませんから、
自宅を売却したいと思うならばこれを外してもらう必要があるのです。

 

それには残りの借金以上の金額で売却をする、あるいは足りない分を充当する他ありませんが、
そもそも住宅ローンが支払えないのですからそれを売却するために手持ちの資金を充当するのは難しいでしょう。

 

しかし、残債務の金額を全て用意できなくても担保権を外してくれる場合もありますので、これを利用して所有者の意思で不動産の売却をし、その代金を住宅ローンの残債務に充てるというのが任意売却の流れとなります。

 

自宅を手放すのならどちらも同じと考えがちですが、任意売却には多くのメリットがあります。

 

したがって、まずは任意売却を専門におこなっている不動産業者などに相談することをオススメします。

 

任意売却は時間との戦いとも言えますので、
できるだけ早く信頼できる専門家に相談して計画的に行動をおこしましょう。

 



任意売却