任意売却

デメリットはないとも言えます。

任意売却の説明する人

これまでお話してきた任意売却における
数々のメリットに対してデメリットはどのようなものがあるでしょうか。

 

最初に住宅ローンを組んだ時と変わらずきちんと計画とおりに支払いができているのであればもちろん任意売却をしなければならない事態に陥ることはありません。

 

任意売却をするかもしれないという時点で、住宅ローンの返済が滞っているか、
あるいは自己破産を申し立てるなどしたことにより支払いができなくなっているかです。

 

まず、この現実を債権者が認識しなくてはなりません。

 

任意だとはいえ、住宅ローンが支払えなくなっての自宅売却であることには変わりありませんので、
今後はおカネを借りることは難しくなるでしょう

 

また、いつか借りられるようになるとしてもそれまでにはかなりの時間が必要になります。

 

しかし、これは別に任意売却に
限ることではなく強制的な競売にしても同様で、しばらく借金をすることはできないでしょう。

 

そのように考えてみると競売と比較して任意売却に大きなデメリットはないと言っても良いでしょう。

 

ただ、あえてもう一つデメリットをあげるとするならば、
それは自ら任意売却業者に問い合わせをしなくてはならないということではないでしょうか。

 

誰にでも相談しづらい内容というものはあるので、
最初は少し戸惑われるかもしれませんが本当に最初だけのことです。

 

少し勇気を出して任意売却業者に依頼をすればそ、
の後は正しく導いてくれるのでさほど面倒なことはないのです。



任意売却