任意売却

強制執行による立ち退きも有りうる

競売の流れ

マイホームが競売にかけられてしまい開札日を過ぎた場合には、新しい所有者になる買受人のほとんどがすぐに立ち退きを要求するになります。

 

法的には開札日以降ではなく、代金納付日以降に物件の権利は新所有者のものとなりますので、新所有者の許しがなければ旧所有者がそのままそこに住むことはできません。

 

ここで何らかのトラブルがあったとしても、代金納付日が過ぎていれば旧所有者には住む権利がありませんので、1〜2ヶ月後には強制執行によって立ち退きしなくてはならなくなります。

 

何の準備もできていなくてもそのまま放り出されてしまうのです。

 

また、新所有者の中には、
その強制執行にかかった費用なども旧所有者へ請求してくることも珍しくありません。

 

このように住宅ローンを滞納したまま何も行動を起こさなければ間違いなく競売にかかることになり、
最悪の場合強制執行による明け渡しもあるということがご理解いただけたのではないかと思います。

 

 


任意売却

強制執行による立ち退きも有りうる競売での立退き|競売の流れ関連ページ

競売開始の流れ
競売開始の流れを見ていきます。
配当要求終期の公告
配当要求終期の公告の意味を解説しています。
執行官と評価人の現況調査
競売の手続きがスタートすると、執行官と評価人が現況調査をおこないます。
競売入札の告知
競売では、一定期間の告知の後に入札期間を設けて入札を募ります。
競売の入札(期間入札)
競売の流れについて競売の入札(期間入札)を見ていきます。
開礼期日
競売の流れについてっです。 開礼期日に行なわれることを見ていきます。
売却許可決定期日
競売の流れの売却許可決定期日について見ていきます。
代金納付期限通知書
競売の流れの代金納付期限通知書について見ていきます。
代金納付期限日
競売の流れについて。 マイホームの所有権移転日の売代金納付期限日についてです。
配当期日
競売の流れについて。 マイホームの売却代金を分ける「配当期日」を見ていきます。