任意売却

代金納付期限日までにおこなうこと

競売の流れ

落札が決まったら落札代金や登録免許税などを納付することになります。

 

これには裁判所によって定められた代金納付期日がありますので、
これを守るようにしましょう。

 

代金を納付すればこれで不動産の所有権は買受人となります。

 

この日を境に所有者が変わるわけですから、新しい所有者である買受人との間にきちんとした話し合いや了承がない限り、前の所有者はそのままその家に住み続けることはできません。

 

もし、これが守れなければ強制執行によって退去させられることになるでしょう。

 

それにかかる費用は家賃相当分も含めて
損害賠償金を請求させることもありますので注意が必要です。

 

 


任意売却

代金納付期限日(所有権移転日)|マイホームの競売の流れ関連ページ

競売開始の流れ
競売開始の流れを見ていきます。
配当要求終期の公告
配当要求終期の公告の意味を解説しています。
執行官と評価人の現況調査
競売の手続きがスタートすると、執行官と評価人が現況調査をおこないます。
競売入札の告知
競売では、一定期間の告知の後に入札期間を設けて入札を募ります。
競売の入札(期間入札)
競売の流れについて競売の入札(期間入札)を見ていきます。
開礼期日
競売の流れについてっです。 開礼期日に行なわれることを見ていきます。
売却許可決定期日
競売の流れの売却許可決定期日について見ていきます。
代金納付期限通知書
競売の流れの代金納付期限通知書について見ていきます。
配当期日
競売の流れについて。 マイホームの売却代金を分ける「配当期日」を見ていきます。
競売での立退き
競売の流れの最終地点、「立ち退き」を見ていきます。