任意売却

開礼期日に行なわれること

競売の流れ

開札日がやってくると執行官が入札期間内に入札した中で、
もっとも高い金額をつけた人を落札者として認めることになります。

 

では、人気がなく入札がなかった物件はどうなるのでしょうか。

 

通常は特別売却という方法を用いて買受人を見つけることになります。

 

決定方法は実にシンプル。

 

買受可能価額以上の金額を提示してきたならば早いもの勝ちで、その人に売却をすることになります。

 

たとえば東京地方裁判所の場合、この特別売却は開札期日の翌日からスタートします。

 

また、落札できなかった人の保証金は各自の銀行口座へ返金されます。

 


任意売却

競売の開礼期日に行なわれること|マイホームの競売の流れ関連ページ

競売開始の流れ
競売開始の流れを見ていきます。
配当要求終期の公告
配当要求終期の公告の意味を解説しています。
執行官と評価人の現況調査
競売の手続きがスタートすると、執行官と評価人が現況調査をおこないます。
競売入札の告知
競売では、一定期間の告知の後に入札期間を設けて入札を募ります。
競売の入札(期間入札)
競売の流れについて競売の入札(期間入札)を見ていきます。
売却許可決定期日
競売の流れの売却許可決定期日について見ていきます。
代金納付期限通知書
競売の流れの代金納付期限通知書について見ていきます。
代金納付期限日
競売の流れについて。 マイホームの所有権移転日の売代金納付期限日についてです。
配当期日
競売の流れについて。 マイホームの売却代金を分ける「配当期日」を見ていきます。
競売での立退き
競売の流れの最終地点、「立ち退き」を見ていきます。