任意売却

残債務に対しての柔軟な対応が見込める

任意売却の説明する人

任意売却とは読んで字のごとく、
所有者の意思がはっきりと決まらなければ成立はしません。

 

夢にまで見たマイホームだけど
売却してしまおという悲しい現実に向き合った
意思があって、任意売却は初めて成立することになります。

 

もちろん、所有者だけではなく、債権者の理解と
協力が必要で、お互いの紳士的対応が取引を成功させるカギと言えるのではないでしょうか。

 

競売の場合、競売することを決心したのであれば、まずは競売の申し立てを行なわなくてはなりません。

 

これには申し立てをするだけでも
費用がかかり、また、法的手続きには非常に長い時間がかかることになります。

 

任意売却は所有者だけにとどまらず、
債権者にとってみても時間的にはもちろん、経済的にもメリットが数多くあると言えるでしょう。

 

このように任意売却を選択したことは債権者の債権回収に協力したことと見なされますから、
今後の対応などについてもより柔軟にしてもらえる場合が多い
のです。

 

 


任意売却